アフリカツメガエル販売【ゼノパス福岡】ブログ

アフリカツメガエル養殖 販売(アロワナの餌・爬虫類の餌 実験研究用ツメガエル)

アフリカツメガエル養殖/繁殖ブログです【ゼノパス福岡】
アロワナの餌 古代魚の生き餌・教材用のツメガエルを通販致しております!!

アフリカツメガエルとは、ピパ科クセノプス属のカエルの一種 Xenopus laevis の和名であり、またXenopus のカエルの総称として用いられておりXenopus は「風変わりな足」を意味する。
実験動物として著名で妊娠された女性の尿をメスの成体にかけるとアフリカツメガエルのメスが翌日に産卵する事から妊娠検査薬として輸入された事が始まりとされてます。生体実験教材として以外に生き餌の受容が多くアロワナや古代魚・爬虫類の生き餌として広く供給され現在に至ります。

商品をご注文されたら飼育ケース(丈夫で黒く蓋のあるものが望ましい)とカルキを除去した新鮮な水をご準備ください。商品が届いたら、発砲スチロールからビニール袋を取り出し運送に使用した水は全て破棄しアフリカツメガエルのみを飼育ケースへ移してください。※水合わせの必要はございません。※夏場はクール便で宅配を行います。その際、同じ水温で作業を行ってください。

アフリカツメガエルの餌は、金魚の餌・乾燥クリル・赤虫など何でも食べます。ザリガニの餌や亀の餌は食いが鈍く好きでは無いようです。ただ、大きな餌(人工飼料の乾物)は喉に詰まらせ窒息死の事故につながる恐れがあるので小さめの粒餌がお勧めです。※当店ではアフリカツメガエルの餌も販売致しております。是非、ご利用ください。

飼育環境として、アイリスオーヤマ製のバックルコンテナがお勧めで2cm100匹までの飼育では、型式:BL-21。それ以上のサイズ/数量であれば、型式:BL-45のブラックが最強にGood!です。※底砂として黒い大磯を1cmほど敷いて、蓋にエアーレーション用の穴をあけ水作Mで生物ろ過を行うとストック中、ほとんど落ちません。※エアーの噴出量は弱でお願いします※水温は16度から28度の範囲内で飼育されてください。※餌を与えた後は水交換を行ってください。※飼育水の適量は容器の2/3程度となります。

アフリカツメガエルの飼育において水質・水温の生存範囲は広く育て易い水生生物であります。ですがストレスを感じると死ぬ原因ともなりますので暗く静かな涼しい場所でストックされてください。※ストレスを感じると個体色が黒色から肌色へと薄く変化するのでよく観察されてください。ご注意:白い容器での飼育は短期間で死にますので避けてください。

ご注文方法は、このブログに書き込みを行って頂くか下記に記載するショッピングサイトでお買い物されてください。お支払い方法は、代金引換・各銀行振込がご利用できます。ご注文から最速で3日~4日で発送させて頂きますので宜しくお願い致します。※ご都合に合わせて出荷もOKです。

ショッピングサイト【ゼノパス福岡】:https://xenopus.shop-pro.jp/
BL-21 容器:http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=H226191F
BL-45 容器:http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=H226194F
水作エイトM:http://www.suisaku.com/items/item01_01_01.html

カテゴリ: アフリカツメガエル養殖日誌

こんばんは‼ ゼノパス福岡の店長です‼
早速ですが、産卵から生き餌(ツメガエル)になるまでの飼育日誌です。

テーマ: 『 無加温設備の貧乏 アフリカツメガエル養殖に挑戦! 』
日数: 産卵から49日目 【 第二部:オタマジャクシ飼育編 】
寸法: 身長は60mm程度で殆どが変体を迎えております

今では、尻尾が残ってるカエルでイケスが埋め尽くされてる状態です
写真を撮ろうとイケスに近づくだけで逃げるのでなかなか撮れません

なので、今日も撮影はあきらめており画像はありませんが
明日は近距離撮影を諦め全体撮影にチャレンジしてみます

明日は雨ですが、もう寒くはないので成長も遅れることはなく
順々に産卵した小さなオタマジャクシも問題なく成長しております

来月からリニューアルオープンなので気合も十分!
喜んでご利用頂ける様、ドンドン頑張ります
P1030719
※2日ほど前に撮影した個体 この個体で胴体寸法20mm~22mm程度

こんばんは‼ ゼノパス福岡の店長です‼
早速ですが、産卵から生き餌(ツメガエル)になるまでの飼育日誌です。

テーマ: 『 無加温設備の貧乏 アフリカツメガエル養殖に挑戦! 』
日数: 産卵から50日目 【 第二部:オタマジャクシ飼育編 】
寸法: 身長は60mm程度で殆どが20mm~23mmのカエルになりました
※今回が産卵飼育シリーズの最終回とさせていただきます
24 ①

24 ②

24 ③
やっぱりカエルは写真が撮れません
今日は、少ないオタマジャクシの中からミドルサイズの個体を撮影しました
尻尾は鱗の様にも見えますがこれは単に模様で鱗ではなく柔らかな質感です

カエルになると餌を手でかき込んで食べるのですが
口元まで全然届かないくせに、このオタマジャクシも手で食べようとします
色々と観察してると楽しいですよ。 幸せな仕事でありがたいです

ではでは、今日はこのぐらいで・・ おやすみなさい


↑このページのトップヘ