こんばんは‼ ゼノパス福岡の店長です‼
早速ですが、産卵から生き餌(ツメガエル)になるまでの飼育日誌です。

テーマ: 『 無加温設備の貧乏 アフリカツメガエル養殖に挑戦! 』
日数: 産卵から11日目 【 第二部:オタマジャクシ飼育編 】
寸法: 身長8mm~10mmほど 平均9mm



まだまだ、小さなオタマジャクシ この頃は
迫力には欠けるも 生命の賢明なところが伝わって来ます

んで、本日は2回目の更新です
アフリカツメガエルを飼育するにあたり
重要な要素の一つ「成長速度を計る」をお伝えします。

身長の目安として、孵化直後の身長は6mmですが
産卵から孵化までの時間をカウントせず泳ぎ始めてから
現在までの飼育日数×(1.2~1.6)で身長となる様に育てます

今回であれば、産卵が4月4日・泳ぎ始めたのは4月8日
この4日間はカウントせず4月9日から本日までの7日間
(飼育日数)×1.2mmで身長となれば飼育は順調と言えます。

なので7日間×1.2で8.4mm(小)、×1.6で11.2mm(大)となり
時期や環境により判断されて良いのですが無加温飼育で
今の季節を考慮すると 平均9mmは順調(快調)と言えます。
※上手に、ご説明が出来ず申し訳ございません
※んで、夏時期など 活性が上がると最大で1.8mm/日

毎日の成長速度を上記の計算方で計算し記帳され
個体の成長度合いから水質や餌の量などをもとに
管理すると良いでしょう。 目安があれば楽になりますよ!

この辺が、解らなかった頃は大変でしたが今では・・・
激安価格で 少しでも多くのカエルを皆様へお届け出来ます様に。