こんばんは‼ ゼノパス福岡の店長です‼
早速ですが、産卵から生き餌(ツメガエル)になるまでの飼育日誌です。

テーマ: 『 無加温設備の貧乏 アフリカツメガエル養殖に挑戦! 』
日数: 産卵から11日目 【 第二部:オタマジャクシ飼育編 】
寸法: 身長8mm~10mmほど

生後11日①

生後11日②

生後11③

「金魚のフン」ではなく、「オタマジャクシのフン」ですね
元気に良く食べて、良く泳ぐオタマジャクシはこの様な状態で過ごしてます
毎日、フンをぶら下げて あっちもそっちも ビニョビニョ泳いでおります
ここから15日ほどはサイズの違いがあるだけで姿は変わりません。

なので、変化のないブログとなりますがお付き合いの程 宜しくお願い致します

話は変わりますが・・ ねっ ねっ。 幼児体系から変化してるでしょ!
身長の半分(弱)が頭部になってるでしょ。 ここが初期飼育のポイントとなります

頭が大きくならない時は、状況が悪いので餌も食べず飼育水も腐敗します
※遺伝的な個体の差が原因では無いので「親を変える」必要はありません