アフリカツメガエル 販売【ゼノパス福岡】

アフリカツメガエル養殖・販売(アロワナ・爬虫類の生き餌用 実験教材用・研究用)

アフリカツメガエル養殖ブログです【ゼノパス福岡】
アロワナ・古代魚などの生き餌用・教材用のツメガエルを通販致しております!!

アフリカツメガエルとは、ピパ科クセノプス属のカエルの一種 Xenopus laevis の和名であり、またXenopus のカエルの総称として用いられておりXenopus は「風変わりな足」を意味する。
実験動物として著名で妊娠された女性の尿をメスの成体にかけるとツメガエルが翌日に産卵する事から妊娠検査薬として輸入された事が始まりとされてます。生体実験教材として以外に生き餌の受容が多くアロワナや古代魚・爬虫類の生き餌として広く供給され現在に至ります。

商品をご注文されたら飼育ケース(丈夫で黒く蓋のあるものが望ましい)とカルキを除去した新鮮な水をご準備ください。商品が届いたら、発砲スチロールからビニール袋を取り出し運送に使用した水は全て破棄しアフリカツメガエルのみを飼育ケースへ移してください。※水合わせの必要はございません。※夏場はクール便で宅配を行います。その際、同じ水温で作業を行ってください。

アフリカツメガエルの餌は、金魚の餌・乾燥クリル・赤虫など何でも食べます。ザリガニの餌や亀の餌は食いが鈍く好きでは無いようです。ただ、大きな餌(人工飼料の乾物)は喉に詰まらせ窒息死の事故につながる恐れがあるので小さめの粒餌がお勧めです。※当店ではツメガエルの餌も販売致しております。是非、ご利用ください。

飼育環境として、アイリスオーヤマ製のバックルコンテナがお勧めで2cm100匹までの飼育では、型式:BL-21。それ以上のサイズ/数量であれば、型式:BL-45のブラックが最強にGood!です。※底砂として黒い大磯を1cmほど敷いて、蓋にエアーレーション用の穴をあけ水作Mで生物ろ過を行うとストック中、ほとんど落ちません。※エアーの噴出量は弱でお願いします※水温は16度から28度の範囲内で飼育されてください。※餌を与えた後は水交換を行ってください。※飼育水の適量は容器の2/3程度となります。

アフリカツメガエルの飼育において水質・水温の生存範囲は広く育て易い水生生物であります。ですがストレスを感じると死ぬ原因ともなりますので暗く静かな涼しい場所でストックされてください。※ストレスを感じると個体色が黒色から肌色へと薄く変化するのでよく観察されてください。ご注意:白い容器での飼育は短期間で死にますので避けてください。

ご注文方法は、このブログに書き込みを行って頂くか下記に記載するショッピングサイトでお買い物されてください。お支払い方法は、代金引換・各銀行振込がご利用できます。ご注文から最速で3日~4日で発送させて頂きますので宜しくお願い致します。※ご都合に合わせて出荷もOKです。

ショッピングサイト【ゼノパス福岡】:https://xenopus.shop-pro.jp/
BL-21 容器:http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=H226191F
BL-45 容器:http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=H226194F
水作エイトM:http://www.suisaku.com/items/item01_01_01.html

こんばんは‼ ゼノパス福岡の店長です‼
早速ですが、産卵から生き餌(ツメガエル)になるまでの飼育日誌です。

テーマ: 『 無加温設備の貧乏 アフリカツメガエル養殖に挑戦! 』
日数: 産卵から6日目

佐賀県は今日も雨、しかも少し寒いぐらいで・・ ってか寒い。
今日ぐらいには泳ぎ始めるかなぁ と、思ってたのにまだぶら下ってました
イケス側面の壁を上から底面に向けて写メしました。
10 ①
 団体行動を行う習性はありませんが、たまたま集まってました。
10 ②
 ここにも 3匹が集まってぶら下ってましたので、パ写ッ。

画像は見にくいし オタマジャクシは小さく写っているし
なんだかよく見えませんが、オタマジャクシの形になって来たでしょ
この時期は、何にも飼育作業は出来ませんのでただ、待つのみ。

注意: 水質と温度管理 水質が悪ければ内臓部分が白く腐り死亡します

明日でオタマジャクシは泳ぎ始めますので、第一部【産卵編】は終了します
4月12日からは、待望の 第二部【オタマジャクシ:稚魚編】に突入!

是非、お暇があれば お立ち寄りください。 では、また明日 おやすみなさい


こんばんは‼ ゼノパス福岡の店長です‼
早速ですが、産卵から生き餌(ツメガエル)になるまでの飼育日誌です。

テーマ: 『 無加温設備の貧乏 アフリカツメガエル養殖に挑戦! 』
日数: 産卵から5日目

9
 ※画像中央付近でエメラルドブルー色の網に横たわるオタマジャクシ

今日、イケスを除くとほとんどの卵が孵化しており
夕方頃には孵化前の卵を探す方が難しいほどでした。

卵が孵化すると一生賢明、全パワーを使いどこかつかまる所を探します
って言っても、孵化直後のオタマジャクシはまだまだ、目が見えず
内臓器官も全然不十分で頭部の骨格すら形成しておりません。

なので、「ひたすら上に向かってゴーゴー!」なんだけど
泳げる距離は10cmから15cm程度なので、どこへも辿りつけなければ
また イケスの床へ落ちます。しかし、なぜつかまり処を探すのか?

ミノ虫の様に障害物(岩や水中植物など)へぶら下り
背筋を伸ばした状態で、主に内臓:消化器官と呼吸器官を成長させます
どうも背筋が真っ直ぐに伸びた状態で 骨も内臓も成長させたい様ですね
んで、泳げる準備が出来ると 泳ぎ始め 次に泳ぎながら頭部形成を始めます

つかまる? ミノ虫?と思われるでしょうが、実は私も詳しくありませんが
孵化後、オタマジャクシはピニョビニョ ビニョと下手な泳ぎで
水面へ向かい泳ぐのですが何かに辿り着くと 口先から透明な糸を吐き出し
障害物へ糸先を付けぶら下ります。多分、私にはそんな感じに見えます。
※オタマジャクシの全長4mm 糸の長さ2mm ぐらいに見えます

ぶら下ると内臓部分になる強化期間が収縮され カレイやヒラメの様な
姿からメダカの様な姿へ返信し始めます。 凄いでしょ!

無題
 ※拡大した画像をもう一度、どうぞぉ

画像は、そのメダカの様な体系へ変化してる最中のオタマジャクシです。
明日には泳ぎ始めますので 明日の写メは初泳ぎの御玉をご覧ください
いつもいつも ありがとうございます。 是非 明日もどうぞぉ‼

こんばんは‼ ゼノパス福岡の店長です‼
早速ですが、産卵から生き餌(ツメガエル)になるまでの飼育日誌です。

テーマ: 『 無加温設備の貧乏 アフリカツメガエル養殖に挑戦! 』
日数: 産卵から4日目

8 ①
ねっねっ! ちょっとシュールな 「おやつはカール」でしょ!
8 ②
今回は、産卵初の親ガエルを使用しておりますので受精率は高くありません
絶好調で最上級な産卵であれば、8割以上で孵化しますよ
んだけど想定以上に孵化した場合は間引きしないと ちゃんと育ちません。
8 ③
ボケボケの画像ですが、この辺は全てカールですね。 やったね!

産卵初回だったので受精率としては 『 まずまず 』なのですが量が・・
水温10℃での無加温産卵だったのでしょうがない。

実は翌日、ストック用の親ガエル容器内でメチャメチャ産卵してました
お腹の卵がリセットされる事により 次回の産卵が楽しみです

経験上では、3回目以降の産卵で100%のポテンシャルを発揮します
季節的には屋内飼育でもやはり春が一番なんですよね。 不思議ですが。
なので、4月で5回目のメスガエルに注射を打つ産卵なんて場合
そんな状況だったら ワクワクして眠れないですね‼

オッサンが一人 PCの前で興奮して 申し訳ございません
明日には、孵化後の写メ更新します。 では、おやすみなさい

※親ガエルの世代交代は、年末年始で行ってるので、略ありません

こんばんは‼ ゼノパス福岡の店長です‼
早速ですが、産卵から生き餌(ツメガエル)になるまでの飼育日誌です。

テーマ: 『 無加温設備の貧乏 アフリカツメガエル養殖に挑戦! 』
日数: 産卵から3日目

7 ①
 ※画像1枚目

7 ②
 ※画像2枚目

産卵から本日で3日目となり、水温が適温であれば孵化するタイミングですが
加温を一切しておらず 低水温なので成長が遅れております。

初日は、黒白だった卵が段々と薄くなり 生死の判断は色でしかなかったのに
3日目の今日では卵の中身が透けて伺えるので 形として判断できますね

スナック菓子の「おやつはカール」に似てませんか?
明日にはもっとシュールでスマートなカールになりますよ

残念ですが、佐賀県では明日まで天候は雨 気温が低く
明日の写メの時間までは孵化のお知らせは出来そうにありません 残念っ

4月9日の夜間のブログ更新の際、孵化後の写メがお届け出来そうです

実は、孵化するまでは『 管理(見守る事) 』だけが仕事となり
なにも作業はできず ただただ、孵化まで待つのみです

管理の内容的には、水質管理・水温管理・溶存酸素量の調整が中心となり
産卵に使用した綺麗な水から活水へシフトするウエイトを図るのみですね。

って言うか、これでも成長は遅い方なのですが すごく早いでしょ
アフリカツメガエルってすごいなぁ・・・・といつも思います。

ではでは、また明日ね。 

こんばんは‼ ゼノパス福岡の店長です‼
早速ですが、産卵から生き餌(ツメガエル)になるまでの飼育日誌です。

テーマ: 『 無加温設備の貧乏 アフリカツメガエル養殖に挑戦! 』
日数: 産卵から2日目

早速、本日の記録写真よりご覧ください

6 ①
 ※画像1枚目

6 ②
 ※画像2枚目

1枚目の画像でかなりボケてますが手前の黒い網に付着してる
2個の卵がありますが、上の白い卵は死んでいて下の薄い茶色の卵は
細胞分裂して孵化する準備をおこなっております。

産卵翌日の昨日では、全体的に白黒にクッキリしていた卵が
段々と薄くなり薄茶色だった生きた卵も ほとんど白く見えてきます
※この頃の卵は生死の判断が最も付きにくい時期です

この時期を過ぎると(恐らく明日頃かな)卵の中身が
はっきり見えますので色の判断ではなく形で生死が判別できる様になります

明日の画像が楽しみです!! では、おやすみなさい


↑このページのトップヘ